top of page
  • jikkogan

免疫老化を進める三大原因 2

更新日:2020年7月13日

腸内環境の悪化


免疫の70%は腸に、残りの30%は肌にあると言われています

腸内で悪玉菌が強くなるとその免疫細胞が疲れてしまい

善玉菌・やせ菌が作る免疫サポート物質(短鎖脂肪酸)が不足して免疫老化が加速します。


スイスとオーストラリアの共同研究チームが行った最近の研究では

(酪酸)がインフルエンザの症状を軽減したと報告されています。


酪酸をはじめとする乳酸や酢酸など(短鎖脂肪酸)には免疫老化を防ぐ働きがある

と考えられています。


乳酸菌入りのヨーグルトを食べている方も多いと思いますが、3種類の菌酪酸菌・ビフィズス菌・有胞子性乳酸菌が入っている

チェンジダイエット3菌交替がお勧めです。



また、肺炎が重症化する原因は、免疫の暴走(サイトカインストーム)である事が分かっています。

最新研究では体内の免疫細胞に酪酸が受け取られると、その細胞が

過剰免疫攻撃を抑えるTレグ細胞へと変身する事が発見されました。

重症化を防ぐポイントとして注目されています。







井上薬局では健康相談、美容、


リラクゼーションなど様々な角度から

皆さんの健康をサポートいたします。

ぜひご来店ください Lineのお友達を大募集中!!

下のボタンからお友達追加!!

Lineでも健康相談できます!! お気軽にしゃべりかけてくださいね~






閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page