top of page
  • jikkogan

肌の老化と太陽光線

だんだん春めいて、晴れた日にはお日様の光がまぶしく感じられます。

暖かくなると、屋外で過ごすことも多くなりますね。

紫外線の照射量は7から8月がピークですが増え始めるのは3月から。

肌の老化は、加齢よりも太陽光によるものが大きいって知っていましたか?

実は8割が光老化だといわれています。

紫外線は、肌の表面の細胞の遺伝子を傷つけたり、肌の奥まで届き

はだの張りや弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンなどの構造を壊し

しわやたるみの原因を作ります。

近紫外線も皮膚の土台を傷つけることが分かってきました。

そこで、日焼け止めの出番です。

日常生活では SPF15 PA+で光老化の予防効果が確認されています。

野外で長時間過ごすときは SPF50 PA+++以上を選びましょう。

でも、ほとんどの人は適量の半分程度しかぬれていないのでは。

適量は皮膚1平方センチメートル当たり2㎎。

顔の前面に塗るには500円玉を超えるくらいの量が目安です。

量が少ないと、表示してある効果は得られないので、注意が必要です。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

営業時間・ご相談料金の変更のお知らせ

平素より井上薬局をご愛好いただき誠にありがとうございます。 7月31日をもちまして運営会社の株式会社井上商店が閉業となり 8月1日より合同会社井龍が井上薬局を引き継ぐ運びとなりました。 スタッフはかわらず、親子2人でこれからも元気に運営して参りますので よろしくお願いいたします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 8月より営業日・時間が変更になります。 営業日

bottom of page