top of page
  • jikkogan

夜になると身長が縮むのはなぜか?

更新日:2021年7月7日

こんにちは

7月になりましたね!2021年ももう半分終わりました

ここからは折り返しとともい気温がどんどん上がっていく季節になります


しかし、暑いからと言って冷たいものの取り過ぎには注意が必要です

冷たいものの取り過ぎは内臓を冷やして体の機能を落としてしまいます

夏バテは冷たいものの取り過ぎから来ることもあります


また夏バテ防止にはしっかりタンパク質を食べましょう!

素麺などの炭水化物だけではなく、肉・魚などのタンパク質をいつもより多めに食べましょう!



では先月の健康クイズのおさらい





クイズNo.21

「朝と夜で身長は変わるのか?」


みなさん わかりましたか??


答えは「1〜2cm減る」


タイトルでネタバレしていますね笑

では解説していきましょう!


重力で減る


身長が減る理由は背骨の構造にあります。


背骨は1つの骨ではなく24個の骨で構成されています。

そして、その24個の骨の間を「椎間板(ついかんばん)」というクッションの役割をするものがあります。

そのクッション(椎間板)は外側は固くて中がゲル状なのですが

この部分に圧力がかかると水分が減っていき、圧力が無くなると再び水分を吸収していく性質があるそうです。


朝起きるとそのあと人間は立ったり座ったりして生活をしています。

起き上がっている状態で体に重力がかかるとこのクッションに圧力がかかります。

すると、クッションの水分が減っていき厚さがなくなっていくので身長が縮んでしまうんすね。


寝る時は横になるのでクッションにかかる圧力が減り

再び水分をクッションが吸収していくので元に戻っていきます。


背を伸ばすには夜にちゃんと寝ること


背を伸ばすには成長ホルモンが関係しているのは皆さんなんとなく知っていると思います。

成長ホルモンは成長期に多く分泌され筋肉や骨を大きくする作用(成長)を促進しています。

そして、この成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのが睡眠時なのです。

「寝る子は育つ」とはよく言ったものですね。


時間も重要で成長ホルモンがもっとも分泌されるのは

22:00〜2:00の間です

また睡眠には浅い眠りと深い眠りがあるのですが、深い眠りになった30分後に成長ホルモンの分泌は最大になります。


以上のことから身長を伸ばしたかったら遅くとも

0:00前には眠れるようにしましょう!



成長ホルモンは美肌・ダイエットなど大人になっても重要


成長ホルモンの役割は成長の促進だけではありません。

骨の再生の促進や代謝の促進・脂肪の分解の促進などもおこなってくれます。


夜の成長ホルモンが分泌される時間に寝ることで

骨が丈夫になったり、太りにくくなったり、代謝が上がって新しい肌ができたりと

大人になっても重要な役割があります。


最近疲れやすいな、ダイエットしたい方などは食事制限や運動ではなく

まず23:00に寝ることをオススメします!



まとめ


・身長は1日の中で変化する。

これは背骨のクッションから水が抜けていくから(寝ると回復するので安心してください)


・身長を伸ばすには成長ホルモン

成長ホルモンが分泌されやすい時間は22:00〜2:00

最も多く成長ホルモンが分泌されるのは深い眠りになった30分後

これを踏まえると0:00までには寝ましょう!


・大人になって必要な成長ホルモン

骨の再生・代謝の促進・脂肪の分解などの促進と大切な役割をもつ



いかがでしたか?

成長ホルモンは世代関係なく重要なものなのでしっかり寝ましょう!

睡眠の質なども関係してくるのでまた機会があったらブログにします!


それでは今月の健康クイズはこちら↓↓↓↓↓↓↓






クイズNo.22


「人間の血管を全てつなぎ合わせるとどのくらいの長さになるか?」


血液の通り道である血管。

太い血管から細い血管まで様々ですが、

全部合わせると長さはどれくらいになるのでしょか?

答えは次回の健康クイズで!


井上薬局では健康相談、美容、リラクゼーションなど様々な角度から

皆さんの健康をサポートいたします。ぜひご来店ください Lineのお友達を大募集中!!

下のボタンからお友達追加!!

Lineでも健康相談できます!! お気軽にしゃべりかけてくださいね~

それでは次回の健康クイズでお会いしましょう!!


閲覧数:1,306回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page